top of page
  • shimomurakoujiya

夏果てぬ


夏果てぬ。夏の季語で、夏の終わりを意味する言葉です。祭の喧騒も止んだ夏の終わりはどこか寂しさを感じるものですね。


寂しさも相まり不思議な魅力のある晩夏は曲の題材にもよく使われている気がします。有名どころだと「少年時代」や「若者のすべて」が夏の終わりを歌っていますよね。


まだまだ暑さは続きますが、朝の太陽の角度は徐々に秋へ近づいています。残暑も続くかとは思いますが、秋は秋祭りの季節。下村こうじ屋にとっては甘酒づくりの季節です。残暑に負けず頑張っていきたいと思います。

Comments


bottom of page